『焼酎キャラバン』ステイホーム支援チャリティ 結果ご報告

南山物産株式会社は、本格焼酎の九州酒造メーカー7社(宮崎県 株式会社松露酒造・小玉醸造合同会社、鹿児島県 東酒造株式会社・国分酒造株式会社・有限会社富田酒造場、熊本県 合名会社豊永酒造、福岡県 ゑびす酒造株式会社)と共にオンライン ステイホーム支援チャリティイベントを、GWまるごとの4月28日(火)より5月6日(木)まで9日間連続で行いました。

  • 結果報告

ZOOMでのWEBセミナー形式(ウェビナー)にて行い、全日程の累計参加者は約600名を数えました。新型コロナによる外出自粛の最中、焼酎を片手に楽しく、各蔵の焼酎造りやこだわりを学んで頂きました。

イベント案内

本イベントは医療従事者支援チャリティとしての側面があり、趣旨に賛同頂いた参加者の皆様に御支援を頂き、総額126,605円を日本赤十字社に寄付することが出来ました。心より御礼申し上げます。(添付、受領証をご参照下さい。)

日本赤十字社 寄付受領証

また、今回のイベントでは多くの関係機関、メディア、著名人の方に告知等においてご協力を頂きました。またゲストMCとしては、2代目ミス薩摩焼酎 冨永咲 様、奄美黒糖焼酎語り部 石原みどり 様、RANBIKI編集長の河野亜樹穂 様が助っ人で登場し、イベントを盛り上げて下さりました。皆様、誠にありがとうございました。以下で一部をご紹介いたします。

【アンジャッシュ渡部様 激励メッセージ】
https://www.instagram.com/p/B_q_FiFgIxo/?igshid=m3cau8l5x9dv

醸界タイムス記事
醸界タイムス 20200501_4

【イベントレポート前編 焼酎プロモーションメディアRANBIKIより】https://ranbiki.jp/fun/shochu-caravan1/

【イベントレポート後編 焼酎プロモーションメディアRANBIKIより】
https://ranbiki.jp/fun/shochu-caravan2/

最後に、非常に厳しい社会状況の中、このイベントを通じて焼酎ファンや縁あって御参加頂いた多くの方から、「外出自粛が続き寂しさやストレスもあったが、楽しく明るい気持ちでGWを過ごすことが出来た」「蔵をもっと身近に感じられて愛着がわいた」等、あたたかいメッセージを頂きました。お酒の本来の力である、『人と人とを繋ぎ、豊かなひと時を過ごすための潤滑油』という側面を、蔵元含めた主催者一同が逆に改めて体感し、大きな力を頂いた企画であったと感じております。

これからも当社は、焼酎をグローバルのSHOCHUにするという目標を追い求めながら、同時に造り手に寄り添いながら、多くの方に喜んで頂けるような企画を実施して参ります。